直営店に負けない店を作る

商売繁盛は人柄で勝負

店舗経営は行動から全てが始まります。利益を持続的に出せていけるのか、不安ばかり抱いてお客様と接していては、お客様も敏感なのですぐ感じとります。店舗に入った瞬間にその店舗の雰囲気がわかってしまう時はありませんか?「あそこの店舗はいつも笑顔で気さく。従業員さんも話しやすくて楽しいから、ついつい行ってしまう」と、このようにお客様に感じて頂ければ最高ですよね。社員が運営する直営店では、早くて半年、長くて1年半の周期で人事異動があります。常連のお客様との交流もある為、頻繁に従業員の出入りがある直営店よりも、長い期間かけてお客様との交流を深めることができるフランチャイズ店の方が有利ですよね。一つの場所で同じ人間が、一生懸命に笑顔でお客様と接していれば、その店舗と従業員のファン達は増えていくはずです。

自分の分身を作り、管理を徹底する

店舗運営には人、物、金の管理が必須です。自身が苦手な分野であれば、得意そうな従業員に渡してみて育成していくこともできます。しかしお金の管理となると、簡単に全従業員に任せるということもできませんよね。そこでオーナーと従業員の信頼性が大切になってきます。相互のコミュニケーションをしっかり取り、お互い信頼し合える関係を構築することで、オーナーは安心して業務を従業員に託すとこができます。一方従業員も、オーナーや店舗の為に団結して業務に徹することができます。またフランチャイズ店の問題点として、オーナーの長時間労働があります。経費削減の為、給料の高い深夜の時間帯にオーナー自らシフトに入る状況もしばしば見かけます。なるべく早く人材を確保し、分身とも言える店長を見つけることが重要です。オーナーは運営側に回り、通常時間内で店舗分析を出来るような体制作りに成功すれば、直営店に負けることはないでしょう。

© Copyright The Franchise Systems. All Rights Reserved.