看板元の営業方針を理解する

看板を借りている事を意識する

フランチャイズ制度を活用してお店を経営する時には、看板元の営業方針を理解する事が必要です。もし、看板元の営業方針を無視して、自分の考えだけで営業をすると、別のお店になってしまう可能性があり、お客さんも少し戸惑いますね。つまり、デメリットが大きいと言えるでしょう。自分は看板を借りて営業している事を強く意識して、看板元の営業方針を尊重する事が必要です。接客に力を入れているのであれば、接客の教育をしていく事が必要です。また、営業方針には目標ややってはいけない事なども盛り込まれている事もあります。その点をしっかりと守って看板元の会社に還元していく事がフランチャイズ店では大事です。自分の考えだけで行動しないように常に意識していきます。

フランチャイズ契約を解除される可能性も

フランチャイズ制度を活用して営業する時は、看板元の営業方針を理解して直営店と同じようなお店づくりをしていく事が何より大事ですね。もし、自分の意思を尊重して、看板元の営業方針をあまり意識しなければ、フランチャイズ契約を解除される可能性もあります。時々、看板元の会社がお店を偵察にくる事もあり得ます。その時に、直営店とまったく違う営業をしていると、当然注意される可能性があり、かなり評価が下がりますね。あまりにひどい時には、契約が解除になって自分のお店を閉店しなければいけない状況になります。そうなると収益がなくなり、さらに働いている従業員にも迷惑をかけてしまうので大きな損失です。直営店の指示には従う必要がありますね。

© Copyright The Franchise Systems. All Rights Reserved.